読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィンランド+;いわんこっちゃない。。再生エネ優遇見直し必至。。

 

まあ、値段あがるってのはわかるけど、ちゃんと

そうなるってことを3パターンくらいの

シナリオを元に事前に段階別に説明しておいて欲しい。

開始して、どこらへんが価格をあげなくてはならなくなる

分岐点になるかなど必ず分析しているとおもうし、

そもそも直前になって分かる話じゃない。

いわんこっちゃない。

 

当初は、長期的な投資と位置付けて開始していたとおもう。

でも、どう考えたって太陽光発電のFITの価格はかなり高めだったので、

企業が一斉にあまった土地を利用して太陽光発電設備を購入して、

設備投資で税金対策もしていたしね。(風力発電はやってない。)

 

太陽光発電は京セラとかシャープとか大手企業がいるからかな。

まあ、中国の太陽光ソーラー企業が牛耳ってますからね。

市場シェアをみても日本は太刀打ち難しい状況。

 

 

すでに2012年のあたりから、

英国やドイツでは、FITの買取価格は下げており、

世界の状況はわかってたんだから。。 双方向送電網の話ってどうなったん?

 

UK cuts feed-in tariff for solar panels


UK cuts feed-in tariff for solar panels | Environment | theguardian.com

 

Germany-cuts-solar-tariffs


Germany Cuts Solar Tariffs 1.4% as New Projects Exceed Target - Bloomberg

 

再生エネ優遇見直し必至 経産省、家計負担1割増も :日本経済新聞