読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辺境近境:自分の為vs他人のため

とある震災復興支援の会合なるものに出ていたとき、 


とあるトピックが話題になった。 



「自己(自分のためにがんばるのか)と利他(他人のためにがんばるのか」 


まあ、いろんな意見があるけど、自分はこうおもいました。 

「自分自身は自分に為にやること=自分の将来へ貢献すること。 

その結果、自分のまわりにいる次の世代の利益にもなる。」 


って考えです。だから何かボランティアをする時でも  以前もかいたことがありますが 

 

アトランタで開催されたオリンピックの時に 

 

その後パラリンピックというものが開催され、 

 

ボランティアとしてフィッシングの会場のお手伝いを 

 

したことがあります。 

 

 

そのときに強烈に感じたのは、ボランティアの皆さん

 

とーーーーっても楽しんでお手伝いをしていること。

 

まずは自分が楽しむ!そしてその結果、他人をサポートできれば

 

一番いいってこと。

 

 

 

自分が楽しめて、モチベーションがあがることで、 

 

いろんな事を吸収することで、新しい何かを生み出して、

 

結果、そのことが周りの人々の利益になればいいのかなって思います。 

 

日常のお手伝いをするときも基本的に同じ考え。 

自分が楽しめて、モチベーションがあがることで、 

いろんな事を吸収することで、新しい何かを生み出して、 

結果、そのことが周りの人々の利益になればいいのかなって思います。 



自己を中心(いわいる自己中)ってあんまいいイメージがないですが、 


それが自分の先にある未来につながって、 

そこに係るいろんな方々の利益になってもらえることが 

 

イメージできると、いいスパイラルだよーなっておもう今日この頃。